RiverF

IoT・データ活用支援

設備の故障予測や不具合の原因究明など、センサーデータの収集からデータ分析まで、ご要望に合わせた範囲で支援いたします。

IoTで集めたデータをどうするか?

IoTとは、モノのインターネット(Internet of Things)とも呼ばれ、 センサーやデバイスなど様々な「モノ(物)」がインターネットに接続されて 情報交換することにより相互に制御する仕組みのことです。
IoTは、様々な用途でビジネスや顧客体験を発展・改善させる可能性があります。
2020年には、インターネットにつながるモノ(IoT/M2M デバイス)の数は、250億になるとも1000億になるとも言われており、 今後ますますIoTの活用範囲は広くなることが予想されます。

弊社では、デバイスメーカー様と共にデータ収集の仕組みからデータ活用まで一貫したサービスを提供できる体制を整えております。

下記にあるような課題をお持ちでしょうか?
分析例とその結果得られる施策例も合わせてご覧ください。
ご興味がありましたら、デモンストレーションを含めて詳細をご紹介させていただきます。
どうぞお気軽にお問合せください。